不祥事ゼロプログラム


平成28年度 神奈川県立秦野曽屋高等学校 不祥事ゼロプログラム

 

 神奈川県立秦野曽屋高等学校は、神奈川県職員不祥事防止対策条例に基づき、不祥事の発生をゼロにすることを目的として、

次のとおり不祥事ゼロプログラムを策定し、実施する。

 

1 実施責任者

  神奈川県立秦野曽屋高等学校不祥事ゼロプログラムの実施責任者は校長とし、副校長及び教頭、総括教諭がこれを補佐する。

 

2 目標の設定及び行動計画の策定

   職員は、「心豊かな生徒」「賢い生徒」「たくましい生徒」を育成するため、個々人の人権を尊重し、

  不祥事なく業務を遂行することとする。

 

 (1) 法令遵守意識の向上(公務外非行の防止、職員行動指針の周知・徹底を含む)

  目標

   法令遵守意識の向上に努め、公務外非行を防止する。

  行動

   ア 神奈川県職員行動指針の励行。

   イ 職員啓発資料の活用。

   ウ 職員一人ひとりが互いを思いやり、協働して明るい職場環境の整備。

 

 (2) わいせつ・セクハラ行為の防止

  目標

   啓発活動及び相談体制の整備により、わいせつ・セクハラ行為を防止する。

  行動

   ア 職員啓発資料の活用。

   イ コミュニケーション手段の適正な利用。

   ウ 教科準備室等の適切な利用。

 

 (3) 体罰・不適切な指導の防止

  目標

   生徒の人権を尊重し、体罰・不適切な指導を防止する。

  行動

   ア 生徒理解に基づく指導の推進。

   イ 生徒・保護者との信頼関係を重視した指導の推進。

   ウ 全生徒対象のアンケートを実施し、その結果に基づく適切な対応。

 

 (4) 成績処理及び進路関係書類の作成及び取扱いに係る事故防止

  目標

   成績処理及び進路関係書類の作成及び取扱いに係る体制と手順を明確にし、事故を防止する。

  行動

   ア 成績処理に係る手順の整理とチェック体制の整備。

   イ 進路関係書類作成及び取扱いに係る手順の整理とチェック体制の整備。

 

 (5) 個人情報等の管理、情報セキュリティ対策

  目標

   個人情報等を適切に管理するとともに、情報セキュリティ対策の徹底を図る。

  行動

   ア 個人情報管理や情報セキュリティに係るルールの明確化と遵守の徹底。

   イ 業務用個人メールアカウントの適切な利用。

 

 (6) 交通事故防止、交通法規の遵守

  目標

   交通事故防止及び交通法規の遵守に係る啓発を進め、事故防止に努める。

  行動

   ア 時間と気持ちに余裕を持った安全運転の励行。

   イ 交通法規遵守意識の向上。

 

 (7) 業務執行体制の確保等(情報共有、相互チェック体制、業務協力体制)

  目標

   業務協力体制を整備し、業務の効率化と事故防止を図る。

  行動

   ア 業務分担の明確化による適正化・効率化の推進。

   イ 情報の共有と文書の管理・保管・廃棄の適正な執行。

 

 (8) 会計事務等の適正執行

  目標

   私費会計基準を遵守し、不適切な会計処理を防止する。

  行動

   ア 適正な各帳票の作成と会計処理の実施。

   イ 会計業務に関する研修会等の実施。

 

 (9) 入学者選抜に係る事故防止

  目標

   円滑な入学者選抜業務を進め事故防止を図る。

  行動

   ア 入学者選抜実施体制の整備。

   イ 入学者選抜マニュアルの整備と手順遵守の徹底。

 

3 検証

  (1) 2に規定する行動計画について、平成28年10月中旬までに実施状況を確認し、未実施があった場合は補完措置を講じ、

    目標達成に向けて行動計画を修正する必要がある場合は必要な修正を行う。

  (2) 2に規定する行動計画について、平成29年3月初旬に、平成28年度全体の実施状況を確認するとともに、

    目標達成についての自己評価を行う。その結果、新たな目標設定(各目標の修正を含む)等が必要な場合は、

    平成29年度における神奈川県立秦野曽屋高等学校不祥事ゼロプログラムにその結果を反映させていく。

 

4 実施結果

 3(2)の検証を踏まえ、実施結果を取りまとめて、ホームページに掲載する。

 

5 実施体制

 プログラム案の作成及び実施手続きは企画会議でこれを行い、全職員でプログラムを策定し実施する。




昨年度の検証